放蝶

平成24年6月6日 放蝶

 観察していた青虫がさなぎになりついにちょうちょになりました。
皆のお顔を覚えていたのかお友達の肩や腕に飛んできてくれ、子供たちも愛着が湧いているので別れを惜しんでいました。
「さようならー!! 元気でねー!!」と見送った後、少ししたらまた保育園に戻ってきておりちょうちょさんも皆と離れるのが寂しいのかな?と感じました。
一から育てる事により、生命の大切さや愛情を学んでいると感じました。